Samsung・ギャラクシーフォールドはまだ消費者向けではない

Samsung・ギャラクシーフォールドはまだ消費者向けではない

2/20にSamsungが新しい電話を公表しました。

今回話題のギャラクシーフォールドは今までにない携帯とタブレットのハイブリッド型で画面を完全に折り曲げられるという最新機能が実現されています。画面を折り曲げるという発想は1970年代ではもう未来の形として取り上げられいましたがその時まだ現実から遠いもの。ですが2010には大手会社が次々と折り畳が出来る画面を発売すると発言し、競争が一気に早まりました。

今までイノヴェーションのトップを走っていたアップルが一番に出すと思っていましたが、Samsungだったとは驚きです。

待ちに待った折り畳みの画面ですが果たしてご期待に沿えるでしょうか?

今までスマフォの画面を折り曲げると言う行動が出来ず一部の消費者は「カッコイイ」とコメントしていますが、ほとんどの消費者は「フォールド機能以外大して今のスマフォと変わらない」や「消費者向けではない」と批判するコメントをされています。

$1980と高値で電話を購入する前は一度、お店に行って手に取ってみたいところ、発売予定の 4/26 が過ぎてもほとんどのSamsung店には展示されないと証言されています。四月前半にもう一度、Samsung のイベントがあるらしいので、その時にならないと、どこで購入するか分からないようです。

みんなが使える未来の電話はやはりまだほど遠いい用です。

Smart International


最新の業界ニュース と 社員ブログ