Smith’s スーパーマーケット対VISA

Smith’s スーパーマーケット対VISA

Utah州で一番大きなスーパーマーケットチェイン店が今年の04/03からVISAを取らなくなります。

Smith’s Food &Drug Store が言うには、VISAが取るレートがあまりにも高すぎるので、販売してる商品の値段を上げるざるを得ない状況に用いっているようです。
Visaのフィーは他のカード種類より高く、場合には利益にならない事もあるらしいです。

良い品物を安く提供するのがモデルのSmith’sでは、VISAのフィーを払っていては、
お客様に約束を果たせないとのことで、今回の決断を出したと講評しています。

親会社Krogerが持つ加盟店では、VISAを取らなくなるのは、Smith’s で2店舗目。
Kogerは思ったより多くの加盟店を持っており、Californiaでお馴染みのRalphsもその一つです。

Smith’s ではVISA以外の支払い方法は今まで通り受け取るみたいですが、
個人的には、VISAが使えなくなると、不便になると思います。商品の値段が異常に高くなれば困りますが、買い物するたびに$1~$2の差であれば、
「VISAが使えた方が良いな~」と思います。

Kogerの加盟店が全部VISAを取らないとなれば、VISAも焦るのではないでしょうか。
VISAがレートを下げてくれれば、皆、丸く収まるのですが…


最新の業界ニュース と 社員ブログ