Debt Collectorについて

  • 0
Debit Collector

Debt Collectorについて

Debt collector(借金取立て人)は、しばしば債権取立会社に属して働いていますが、個人で操業している場合もあります。また、弁護士であることもあります
時には仲買人として振る舞い、60日以上債務延滞した顧客の債権を集め、元の債権者に送金します。 そして、延滞債務を回収できた時に、債権者から、集められた金額の25%~45%の支払いを受けますので、回収額が大きければ、当然、収入も増えます

彼らは、例えば『200ドル以上で、債務延滞2年未満』など、債務の種類を特定し、専門化して回収する傾向があります。
評判の良い会社は、徴収権消滅の時効が成立する前の債務に、業務を制限するところもあります(ちなみに、時効期間は州によって異なります)
回収が難しいと判断した債務は、実際の借金額よりも低い金額で、顧客との合意を交渉したり、弁護人に委託し、支払いを拒否し続ける顧客を、告訴するケースもあります

債権者が回収不可能と判断した場合には、Debt Buyerと呼ばれる、債務購入者に債権を売り、損失を削減します。 その際は、似たような状況の多数のアカウントパッケージとして、まとめ売りすることもあります
債務購入者は、アカウントがどれだけ古いか、別の業者が既に取立に失敗しているか、いないかなど、選ぶことができます。
購入方法は、一般には入札形式で、支払額は、1ドルに対して4セントが平均です。言い換えれば、1000ドルの債務に対し、40ドルを支払うということになります。 勿論、古ければ古いほど、安く取引されます
債務の種類によって金額は異なり、住宅ローンの負債は、公共料金の負債よりも高い価値があります

平均購入額が、1ドルに対して、4セントとは、ずいぶんとお安いですね。 ということは、債務購入者は、10000ドルの借金を400ドル前後で購入した可能性が高いです
『500ドルでチャラにして欲しい!』と、うまく交渉すれば、OK してくれるかもしれません。

ちょっと長くなってしまったので、Debt Collectorが、実際にどのように取立をするのかは、次回ご紹介いたします


Leave a Reply

最新の業界ニュース と 社員ブログ