各クレジットカード手数料比較

  • 0

各クレジットカード手数料比較

各クレジットカード手数料比較

Mami

CreditCard.comがアメリカの代表的な100種類のクレジットカードを調査したところ、以下のようなデータが出ましたねこ(拍手) デコメ絵文字

手数料には共通性がみられ、平均6種類の手数料があります。中には、手数料がゼロのカードもあれば、12の手数料があるカードが2社もありますピース デコメ絵文字

最も一般的な手数料は延滞料で、100のうち99のカードにあり、その範囲は$10から$49で、一番一般的なのは$38で、これが連邦法が認める上限です。$49はBank Of Americaのビジネスカードが課す手数料で、消費者保護法令の適応外ですふーん デコメ絵文字

その次に一般的なのは、現金前貸し手数料(98社)、残高移動手数料(89社)、そして残高不足のために支払いが不可能だった際に生じる手数料(81社)と続きますだめぴょん デコメ絵文字

更には、口座再開手数料、不渡りチェック手数料、当座借越保護手数料、ペーパー・ステートメント手数料、電話支払い手数料、カード再発行手数料、カード速達郵送手数料、チェックの支払い停止手数料など、あまり一般的でない手数料を課すカードもありますイヤイヤ デコメ絵文字

以下、各クレジットカードの手数料の比較です矢印 下げ デコメ絵文字

手数料が最も多いカード
First Premier Bank Credit Card – 12 fees
First Premier Bank Secured MasterCard – 12 fees
Credit One Visa Platinum – 9 fees
Fifth Third Bank Platinum MasterCard – 9 fees
Navy Federal Credit Union Cash Rewards – 9 fees
Regions Visa Platinum Rewards card – 9 fees

手数料が最も少ないカード:
Spark Miles Select by Capital One – 3 fees
Capital One Spark Cash Select for Business – 3 fees
Spark Classic from Capital One – 3 fees
ExxonMobil SmartCard from Citi – 3 fees
PenFed Promise Visa Card – 0 fees

ちなみに私はCapital Oneを持っていますが、とても気に入ってますキティちゃん 幸せ デコメ絵文字


Leave a Reply

最新の業界ニュース と 社員ブログ