今さら聞けない、POSとレジスターの違い

今さら聞けない、POSとレジスターの違い

知っているようで知らないPOSレジとレジスターの違いや

POSレジを使うメリットとは何かお教えします!

POS?飲食店など働かれたたかたは聞いたことがあると思いますがPOS(Point Of Sale)とレジスターを分かりやすく説明すると、

 

  • レジスター(キャッシュレジスター) = サービス・商品の対価としてお客様と金銭のやりとりをする時に、金額の計算や販売商品の登録を操作するための端末

 

  • POSレジ = お客様と金銭のやりとりをした時点でのリアルタイムな販売情報を管理するシステムを搭載したレジ端末

 

ものの違いではなく、機能の違いがPOSレジとレジスターの違いなのです。

じゃあPOSレジを使うメリットは何があるの?

それではPOSレジを使う5つのメリットをご紹介します。

その5つとは、

メリット1: 業務の効率化

メリット2: データ収集と分析

メリット3: 不正防止

メリット4: 打ち間違いによる販売防止

メリット5: 売り上げを一元管理

 

それでは、以下具体的にご説明しますね。

POSレジを使うメリット1: 業務の効率

まず、これまでレシートで発行された情報を、最後にまとめるという手間が省け、業務の効率化が可能となります。

さらにその売り上げ金額も自動でPOSレジが計算してくれるため、圧倒的に業務の効率化が狙えるのです。
もちろん、注文の情報をレシートで発行して、伝票を記録するまで全ての作業のためにアルバイトを雇うよりも、経営にかかるコストが安くなるのも明白ですね。

POSレジを使うメリット2:データ収集と分

次に、リアルタイムでのデータ収集と分析が、端末によって自動でできるというメリットです。

・オーダーされた商品の種類

・代金の種類(現金かクレジットかなど)

・品物の在庫があるのか、ないのか(在庫管理)

 

などのデータが、すぐに確認することができます。

どの商品がどの時間帯にどれだけ売れているかの人気度も調べることも可能となり、その傾向から販売戦略を練ることもできます。
そこに年代や性別、来店人数なども組み合わせれば、マーケティングも一度に行えてしまいます。

また、データとして残るため、過去の同時期の売れ筋などから、飲食店をはじめとした商品のラインナップに活かすこともできます。データを分析して経営のデザインに活かすことも可能です。
アパレルなどの店舗では、人気の商品の在庫管理や取り寄せ注文などにも活用できますね。

POSレジを使うメリット3: 不正防止

3つ目は不正防止です。

レジの締め作業を行った際の点検が簡単で、一度締め切ると同じ日付での伝票が発行されなくなります。
30件の会計操作があったのに、伝票発行数は31件だった場合、足りない一枚のレシートは?と点検できます。
売り上げ金額も自動で瞬時に計算されているので、レジ金合わせをする際に足りなかったらすぐに分かります。

POSレジを使うメリット4:打ち間違いによる販売防止

4つ目は、打ち間違いによる販売防止です。

POSレジでは、商品の金額をあらかじめ設定できるので、金額の打ち間違いがありません。
ましてやお会計をクレジットカードのみにしてしまえば、お釣りの間違いをすることもありません。

それによって、お客さまを待たせる時間も減り、顧客満足度の向上にも繋がります。

POSレジを使うメリット5: 売り上げを一元管

最後は、売り上げの一元管理です。

たとえば、店舗を複数営業するとなると、売り上げの管理が大変になりますよね。
でも、POSレジを使えば、他店舗の売り上げ状況をネット上というたった一箇所でリアルタイム確認ができるのです。

進化し続けているPOSレジを、うまく使いこなすことができれば、経営のデザインにも役立つこと間違いなしです。
小売、飲食店、美容、観光など、あらゆる業態で活用できるので、ぜひこの機会に導入を考えてみてくださいね。

 

弊社でも様々なPOSを扱っております☆

いつでもお気軽にお問い合わせください☆

ココをクリック


Leave a Reply