Amazon go!「レジなし」コンビニの仕組みを徹底紹介!

Amazon go!「レジなし」コンビニの仕組みを徹底紹介!

2018年1月22日にAmazon.comはアメリカ シアトルに完全にレジのないAIコンビニAmazon go!を一般向けに開業しました。本当にレジが一台もないのでお買い物サクサクとできるようです。その仕組みを徹底解析!

Amazon go!では、最先端の画像認識技術や人工知能(AI)技術などを駆使し、レジを無くすことに成功。

あらかじめスマホに専用アプリをダウンロードしておき、画面に表示されたQRコードを入り口付近のゲートにかざして入店します。(ちょうど電車の自動改札のような感じ。)

あとは欲しい商品をとって、そのまま自分のカバンに入れるなどして、そのまま外に出るだけで買い物が完了。え?なんだか万引きでもしてるかのような気持ちになりそうですが、店外に出ると、自動的に会計が済まされている、という仕組みです。

アマゾン・ゴーの店内には、100台以上の天井カメラや棚のセンサーが設置されていて、どの客が何の商品をとったかを追跡・把握できるようになっているとのことです。

もちろん、一度手にした商品でも、それを棚に戻して他の商品を代わりに取ると、それもきちんと反映されているそうです。
つまり、一度手に取ったけど棚に戻した商品を、その客にとっての決済対象外商品であるとAIが認識することができるということなんです!

はっきり言ってしまえば、この技術が広く世の中に普及することで、コンビニなど小売店のレジスタッフは必要なくなるかもしれません。また、人口密集地域でも、レジでの待ち時間が無くなるので、ストレスを感じることなく買い物ができるという点が利点となりそうです。

ただし、現段階では大量のカメラやセンサーの導入・設置が不可欠なことから、設備投資の面ではまだ現実的とは言えないかもしれません。それに加えて、AIに仕事を奪われると考えている人もいますので、今後どのように棲み分けしていくか、非常に気になるところです。

以下、わかりやすい映像もありますのでぜひチェックしてみてくださいね!

Amazon go!


Leave a Reply