アメリカで生活費を節約する方法!日本とは違うクーポンの使い方

アメリカで生活費を節約する方法!日本とは違うクーポンの使い方

どの国に住んでいても、もちろんアメリカに住んでいても、食費を抑えたり消耗品を節約する方法を知りたいですよね。

お店でセール品を狙えば節約できる?いいえ、クーポンを利用すればもっと安く買い物することが可能なんです!

店頭や広告チラシのクーポンだけでなく、オンラインショップやTVコマーシャルでもクーポンコードだらけのアメリカ。

利用したいけど入手方法や使い方などわからない人も多いのではないでしょうか。

そんなアメリカ生活をされている方々に簡単に食費を大幅に減らすとっておきの方法を紹介しようと思います☆

 

Ibotta』(アイボッタ)

このアプリはスマートフォン向けの節約アプリで、アプリを通して商品のバーコードとレシートの写真を撮り、Cash Backをしてもらいます。どのお店のどの商品にも使えるという訳ではなく、お店と商品のリストがあって、そのリストの中にある商品のみがCash Backの対象になります。なのでLimitedではありますが、それでも日常で買う物も意外にリストに載っていたりします。対象となるお店ですが、普段行くお店もいくつかありますね。

 

毎日生活するために食べることは必要ですよね。

そんなあなたにはこのアプリの”Grocery”のカテゴリーをお勧めします。

返って来るお金はほんの少しですが、牛乳や卵、チーズなどもあります。

毎回リストに載っているわけではありませんが、例えばGrocery Storesがセールで$3.99で売っていて、しかも”Ibotta”の$1.25のCash Backがある時は、$2.74で買えるんです!!

もしGrocery Storeが元々セールしているものであれば、更に安くなるので結構節約になります。

他に野菜や果物もあり、”Any Brand”であればどのブランドでもいいので、選択肢が広がります。

通常どれくらいするのかがわからないので、どこまでお得なのかはわかりませんが、やっぱり数ドル安くなるのは嬉しいですよね☆

様々なオプションがある中でも”Together”というパターンもあり、これは指定の商品を一緒に買った時にCash Backしてもらえます。

どちらか一つだけだとCash Backはしてもらえませんが。。。

例えば、Jack & CokeなどウイスキーのJack Danielとコーラを買うと$2 Cash Backになったりします。

微々たるものですが“たかが2ドル、されど2ドル”です。

毎日の買うものを見直して『ちりつも節約』してみませんか?

日本語でわかりやすく説明されているWebsiteも確認してみてくださいね ☞ Go !!

早速、ibotta をダウンロード!


Leave a Reply